7月の気温はアップしたり低めだったり、真夏日と猛暑の気温から夏日の涼しい下旬です。8月の天気予報では上旬にアップとありましたから、この月末の涼しさは暑気払い気温の前に、クールな気象というものらしいです。全国的なお天気と気温を見てもやや涼しい一週間、近年によくあるという気温ギャップの一か月です。7月は上旬から中旬頃、3連休くらいが気温のピーク、この猛暑を調整するかのような涼しい気温は必要という気もしますね。連日の真夏日と猛暑では仕事の効率もどうかというもの、会社についてから飲み物補給し体温調整の時間が必須でした。その頃と比較すれば下旬の涼しい気温は夏のホット・タイム、体力と気力を温存でよい状態、土用丑の日の鰻は食べずに通過しましたが、猛暑くらいの気温にちょうどよいのが滋養食です。鰻の金額をキープして月末をすごし、天気予報通りの8月気温の時に贅沢な夏献立、一週間程度の待ち時間で鰻はよりベストな味に感じるでしょう。